「危険運転致死傷罪」とBB系薬物【夫】

しばらく前に、鬱々妻から「BB系の薬物を大量に飲んでクルマを運転して事故を起こすと『危険運転致死傷罪』になるらしぃ」と聞かされた。この大量に飲んでというのが、故意に睡眠薬を飲んでとかだったら当然だろうが、本当にBB系の病気でBB系の薬物を飲んでいてクルマで事故った場合でもこの罪に問われるとすると、私などは相当気をつけてクルマを運転しなければいけない。だって結構な量のBB系薬物を毎日服用しながら、通勤にクルマを利用しているからだ。
でもなんかこの法律の解釈が釈然としない。だって胃の悪い人は胃薬を、心臓の悪い人は心臓の薬を飲むのと同じように、BB系の病気の人はBB系のクスリを飲みながら、普通の生活を送っている。それなのになんでBB系の薬物を飲んで事故ったら「危険運転致死傷罪」なの?
—–11月5日の薬歴—–
0:10 サイレース(1mg)・メイラックス(2mg)
5:40 レンドルミン(0.25mg)
7:30 トレドミン(50mg)・デパス(2mg)+ドグマチール(35mg)散剤・PZC(2mg)・ルボックス(25mg)
12:50 デパス(2mg)+ドグマチール(35mg)散剤・PZC(2mg)
18:20 トレドミン(50mg)・デパス(2mg)+ドグマチール(35mg)散剤・PZC(2mg)・ルボックス(25mg)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です